AUT201309260007


ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンは9月25日、新たな映画パッケージ「MovieNEX」を発表した。これまではブルーレイやDVDなどソフト単品として発売していたが、今後はブルーレイとDVD、デジタルダウンロードを1つのパッケージとして販売する戦略をとる。第1弾としてピクサーの最新作『モンスターズ・ユニバーシティ』を11月20日に発売する。

mu_movienex



●ブルーレイ+DVD+デジタルダウンロード+専用サイト=「MovieNEX」

 MovieNEXとはディズニーが独自に定義するパッケージ商品で、メディアとしてのブルーレイ/DVDだけでなく、iPhone/iPadやAndroid端末で閲覧が可能なデジタルダウンロード権を含めたものを「パッケージ」として用意する。これにより購入者は好きな場所で、好きなメディアを選んでの作品視聴が可能となる。

 さらに、パッケージを購入した人には専用サイトを用意し、特別イベントへの参加やゲーム、アプリとの連動、音楽ダウンロードなどのサービスも展開する。映画部門だけでなく、テレビ、音楽、ネット、ディズニーストア、テーマパークなどをもつ、ディズニーならではのコンテンツを提供するという。

 動画コンテンツの提供パートナーとしてGoogleとドワンゴが紹介された。ビデオメッセージで登場したドワンゴ取締役、夏野剛氏は「いままではタブレットなどで映画を見ようとするといちいちコピーしなくてはいけなかった。これは消費者にとっては面倒くさい。映画を1つのID、マルチデバイスで見られるのは素晴らしいことで、こういうものを待っていた。ドワンゴとしては全面的にバックアップし、サポートしていきたい」とコメントする。

 MovieNEXの第1弾となる『モンスターズ・ユニバーシティ』では、ブルーレイ1枚、ボーナスディスク1枚、DVD1枚の3枚が1パッケージに入っているだけでなく、クラウド対応のデジタルコピー権が含まれる。また専用サイト「MovieNEXクラブ」へのアクセス権も封入されている。

 さらにMovieNEXコンテンツとして、抽選で当たるカレンダーやオリジナルグッズのほか、ディズニーストアでの10%オフクーポンが提供され、製作総指揮のジョン・ラセター氏への特別インタビュー動画なども閲覧できる。

 今後、1983年に公開された中編『ミッキーのクリスマスキャロル』、『トイ・ストーリー』シリーズ3作品、そして『モンスターズ・インク』を11月20日に、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ4作品を12月18日にリリースする。

●永遠に完成しない、進化し続けるパッケージを売る

 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパンの塚越隆行ゼネラルマネージャーは、MovieNEXを「ストアやWebなど、魅力的なコンテンツやアイテムを楽しむために、オールディズニー体験を提供する」と説明する。

 同社の調査によると、デジタルコピー利用率は実写アクションよりもアニメーション作品のほうが高く、ディズニー作品は「繰り返し見たい」「手元に残したい」というニーズが高い。デジタルに移行するわけではなく既存メディアとの「共存」を目指す売り方を提案する。

 また、「1パッケージで1プライス」という特徴もアピールする。これは廉価版をリリースする予定がないということ。例えばDVDを後日安価に提供するといった施策をとらないことを明言し、買い控えを避ける狙いがある。

 MovieNEXでは映画をパッケージとして売り切るだけでなく、専用のWebサイトでのコンテンツを販売開始後にも拡充するという。「ディズニーランドは永遠に未完成と言ったのはウォルト・ディズニーでした。MovieNEXもよい意味で永遠に未完成な、進化していくパッケージ」とし、今後も各種キャンペーンでこの考え方の浸透を狙う。

●糸井氏「キャラクターはみんなに会いたがっている」

 発表会にはコピーライターの糸井重里氏が登場し、旧知の仲である塚越氏と対談を行った。「普段はもうあまり仕事をしない」という糸井氏だが、MovieNEXについて新たなコラボレーションを行ったという。

 糸井氏はディズニーの新戦略について「最初は何を言っているのか分からなかった」という。「でも早い話、キャラクターはみんなに会いたがっている。円盤の形が変わっても、ミッキーやピノキオはみんなに会いたがってるというのが本質でしょう」。

 実は糸井氏、『ピノキオ』のDVDリリースでもコラボレーションを行っている。当時は、まだDVDプレイヤーが浸透していない時代だったので、ディズニーはDVDプレイヤーも一緒に販売したのだ。このときのキャッチコピー「かんたんカワイイ」が糸井氏の仕事だ。

 この仕事、糸井氏は一度断っている。ただし「ピノキオだったらいいけどね」と付け加えて。その理由は「自分には子どもがいるので、この作品の中でピノキオが『お父さん!』と呼びかけるシーンに涙したことがある」からだ。

 東京ディズニーシーで行われた矢沢永吉シークレットライブは伝説となった。矢沢がピノキオの主題歌「星に願いを」をカバーしたのだ。糸井氏は「あれはYプロジェクトとして極秘に行われ、誰にも知らせてなかったので、お掃除の人が一番びっくりしてた(笑)」と振り返る。

 糸井氏はいま東北で「ツリーハウスプロジェクト」を進めている。塚越氏に対して「こういう場所で、キャラクターたちと出会いの場所を広げることが、キャラクターたちの夢なのではないか?」と協力を求める一面も。

 塚越氏は「いままでのパッケージであればリリースする前にすべてを決めないといけなかった。MovieNEXならば、リリースしたあとでもコンテンツが追加できる。そのプロジェクトについていまやりましょう、と決めたら、発売後にもプロジェクトの進行状況について表現できるのがこの製品の面白いところ」と答えた。

☆★オススメまとめサイト★☆
7
名称未設定 3
名称未設定 2
名称未設定 9

☆★ブログランキング参加中★☆
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ